公務員の警察官の種類

警察官として勤めることになっても、大方は交番に勤務して昇格していく流れです。しかし、どこの職種もそうですが深いのです。私たちの知らないところで活躍しているのです。
そこで、公務員の警察官の種類と題して説明していきます。

警察官の種類として地方に配属される警察官は、よく知られる交番・派出所もありますが地域企画課、鉄道警察隊、航空隊、通信指令課があります。適性により刑事部に配属されると、捜査第一課、捜査第二課、捜査第三課、捜査第四課、鑑識課、機動捜査隊、科学捜査研究所、組織犯罪対策課、銃器薬物対策があります。

さて、いくつかを説明します。
地域企画課は、交番や派出所の総合運営や管理をします。鉄道警察隊は、駅構内を巡回して町の安全を努めます。通信指令課では、事件が起こった時に110番された情報により瞬時に対応するところです。警察官、パトカー、ヘリコプターを総動員して事件の解決に努めます。刑事課ですが、凶悪犯罪、暴力団、国際犯罪という想像しただけでも大変な問題について取り組みます。それで、刑事課は専門性が高いです。捜査第一課は、データ収集、捜査第二課では、選挙違反、不正、詐欺を、捜査第三課では窃盗を、捜査第四課では暴力団による犯罪です。